ダイエットサプリのリダクティル

reductil

リダクティルの主成分「塩酸ジブトラミン」というのは、脳内の神経伝達物質であるノルエピネフリン・セロトニン・ドーパミンなどの神経細胞への再取り込みを阻害する作用があります。

リダクティルは、食欲中枢に作用して満腹感を早めてくれる食欲抑制剤ですから、ストレスによる過食にも効果があるとされていますが、妊娠中や授乳中の方の服用は、医師に相談してから決めたほうが良いようです。

日本では未認可の薬になるので、入手方法は、ネットでの個人輸入となります。

リダクティルの使用方法については、毎朝起床後、食前に1錠を飲むだけでよいため、手軽で人気があるようです。

ただし、1日4錠をこえての服用はしないようにとの注意事項があります。

通常は1日10mgで、1ヶ月様子をみるようにするのが良いようです。

リダクティルの副作用に関する例では、頭痛、不眠、口の渇き、血圧上昇、動悸、便秘、めまいなどが報告されています。

そのほとんどの症状は比較的軽く、短期間で回復するようですが、妊娠中の肩は念のために服用はしないほうが賢明です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ