話題のダイエット薬【ゼニカル】を使ってみる

xenical

ゼニカル120mgは、ホフマン・ラロシュ社が開発し1998年に発売して以来、ヨーロッパをはじめとする17カ国で100万人以上の肥満患者の治療に処方されています。

ゼニカル120mgは、本来は肝臓から分泌される胆汁のリパーゼという酵素によって分解され、腸から脂肪を吸収する働きをしますが、リパーゼの阻害酵素でリパーゼの働きを無くためエネルギー源として一番高い脂肪だけを狙い撃ちして腸に吸収させずそのまま便として排出させる薬です。

ゼニカル120mgは、一日3回の食事中に食事と一緒に一粒服用するだけです。

食事をとらない場合や、油分をあまりとらない食事の場合は服用する必要はありません。

ゼニカル120mgを服用し続けるとビタミンA・D・E・Kの4種類は、脂溶性で脂質に溶けて吸収される性質のため4種類のビタミンは不足します。

熱帯性スプルー症や特発性脂肪便症、アレルギー反応を起こす人は服用できません。妊娠中の方、授乳中の方は服用できません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ